2013-10-11

ルノー 新型「ルーテシアRS」の日本での価格は安いのか高いのか?

ルノー 新型「ルーテシアRS」は日本でも発売が間近に迫っているようだが、その価格はマーケットにどのように評価されるのだろう。

今回のルノー 新型「ルーテシアRS」はミッションがEDC(ダブルクラッチ)となりMTが無くなった。MTが無くなったことは少し寂しい気がするがこれも時代の流れだろう。ウチの家内でも楽しめるリアルスポーツとなったわけだ。

そのルノー 新型「ルーテシアRS」の国内販売価格だが次のようになっている。

・シャーシスポール:2,990,000円(税込)
・シャーシカップ:3,090,000(税込) ※ジョンシリウスメタリックを除く
・シャーシカップ:3,240,000(税込) ※ジョンシリウスメタリック

ルノー 新型「ルーテシアRS」ではシャーシスポールとシャーシカップの選択は大いに迷うところであるが299万円からスタートという戦略的な価格となっている。
先代もこの価格帯であったがMTだったことを考えると、EDCとなった新型「ルーテシアRS」では実質値下げとなると思う。
実際に触れてみたり走ってみたり、装備を確認してみないと分らないがデータから見るとお買い得な価格であることは間違いはなさそうだ。

どちらのシャーシを選択するかシャーシカップの走行画像を見ながら大いに悩んでみることにしよう。

↑ ルノー 新型「ルーテシアRS」シャーシカップのサーキットでのコーナリング画像その1、この画像はコーナーのクリップ付近を通過するタイミングだと思われるが舵角が少なくロールも少ない、速度はどのくらい出ているか不明だがかなり攻め込んでいると思われる、想像するにかなり固い足回りだと思う、普段乗りが多いのであればシャーシスポールのほうが良いのではないだろうか、画像はネット上から拝借


↑ ルノー 新型「ルーテシアRS」シャーシカップのサーキットでのコーナリング画像その2、上の画像の次のショットのようだ、非常に安定したコーナリングフォームだ、ハイトの低いタイヤのヨレ具合から相当な横Gがかかっていると想像できる、これを見ているとアンダーはかなり軽いようだ、画像はネット上から拝借


↑ ルノー 新型「ルーテシアRS」シャーシカップのサーキットでのコーナリング画像その3、後方から見たらタイトなコーナーではリア内輪が接地していない、FFでも足を固めた車によく見られる姿勢だが浮いているからどうということはない、これを見るとやはり禁断のシャーシカップという気がする、試乗してみないと分らないが覚悟しないと街乗りは厳しいのではないだろうか、画像はネット上から拝借



[ルノー 新型ルーテシア(CLIO)関連記事]
ルノー新型「ルーテシアRS」続報、困った!ますます欲しくなった

ルノー 新型「ルーテシアRS」は日本でも発売間近、普通のルーテシアの試乗は好印象

ルノー普通の新型「ルーテシア」は期待できそう

ヨーロッパの懐の深さを感じる「Renault Clio GT 120 EDC」

Renault「Clio RS 200 EDC」本国発売!

「CLIO RS」まもなく登場か?




今日はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

0 コメント: